美容成分

すっぽんのコラーゲンで健康な生活

コラーゲンはたんぱく質の一種で、全身のあらゆる組織に含まれており、主にそれらの細胞をつなぎとめる働きをしています。
人間の体は水分を除いた約50%が約10万種類も存在するといわれるタンパク質で、その約30~40%がコラーゲンで占められているのです。
それだけ人間の体にとって大きな存在であるコラーゲンは、その70%が肌の皮下組織に存在していて、肌の水分を保つ働きや弾力のある若々しい健康な肌を作る働きをします。

体内のコラーゲンは、一般的には成人を過ぎた頃から減少しはじめます。
コラーゲン不足になると皮膚が保水力を失ってきますから乾燥肌を招き、あわせて老化を促進してしまうのです。
こうしたことにならないようにみずみずしく肌を維持し老化を防ぐためには豚骨や牛すじ、手羽先などからコラーゲンを補給できますが、良質なコラーゲンを効率よく補給する方法としては、すっぽんに優るものはないということが出来るでしょう。

すっぽんには驚くほど大量で良質のコラーゲンが含まれています。
特に体の周り1.5~2cmほどは、エンペラーといわれる柔らかいゼラチン状のコラーゲンで包まれているのです。
このコラーゲンの効果は美容だけではなくアンチエイジング、骨密度増加・骨粗鬆症の改善、関節・足腰の痛み緩和、血圧の安定、安眠・快眠なども期待できます。

このページの先頭へ