美容成分

すっぽんを子供に与えても大丈夫?

すっぽんは体の半分以上が良質なたんぱく質であり、体内で作ることができない必須アミノ酸9種類と一般食品には少ないアミノ酸19種類も含まれています。
しかも体の20%占めている脂質のうち約70%がDHA・EPAの高度不飽和脂肪酸で構成されているのです。
栄養面では、ビタミン類・カルシウム・鉄・リンなどのほかコラーゲンやレシチンも多量に含まれており、肉よりもバランスがよくカキよりも豊富な栄養が含まれています。

すっぽんは薬品ではありませんし、子供の成長にも重要な成分が豊富に含まれている食品ですから、離乳が始まった子供から高齢者まで、だれが食べても問題はありません。
すっぽんは精がつくから食べ過ぎると鼻血が出る、などと何の根拠もないことが言われることがありますが、そうした心配もまったくありません。
近年、食事の欧米化や偏食などで、子供の成長に必要な栄養の摂取不足やバランスの壊れた摂取状況が多いようです。

すっぽんに含まれるアミノ酸などの栄養素は子供の発育には特に重要な栄養素なのですから、むしろ、積極的に摂取することをおすすめします。
しかし、近年社会問題化しているコレステロール値の高い子供の過剰摂取だけは、注意してください。
それは、すっぽんに含まれているコレステロール値を下げる脂肪酸であるリノール酸は、摂り過ぎると逆にコレステロール値を上げてしまう危険があるからです。

このページの先頭へ