美容成分

すっぽんの生き血

スッポンの生き血は体に良いとか驚くほどの滋養強壮効果があるとかいった話を聞いたり、その効果を求めて生き血を飲んだりした方は多いことでしょう。
すっぽんに含まれている豊富な栄養成分とその効果・効能から考えれば、それの生き血であればなおさら効果・効能も大きいものと考えるのは当たり前と言えるかもしれません。
しかしながら、すっぽんの生き血についての栄養分析や効果などについては、あまり明らかになっていないようです。

そうしたことよりも、あくまでもすっぽん料理に欠かせないアイテム、すっぽん料理ツウから喜ばれる一品として提供されています。
すっぽんの生き血は、そのままで飲むと口に入れた瞬間に生臭さとともに塩辛さと濃厚な血の味が広がります。
クセのある味のうえに喉ごしが悪く、飲み込むことはほとんど不可能といえるようなものです(生き血には多くの微生物が存在している可能性がありますので、生体から採取したものをそのまま飲むのは危険です)。

料理店で提供される場合は、採血したら、まず、焼酎やホワイトリカーなどの度数の高いアルコール処理されます。
これは、微生物や細菌の殺菌と酸化による変色防止策、また、冷凍保管での長期保存を可能にするためです。
なお、料理店では、日本酒や赤ワイン、ジュースなどで割り、飲みやすくして提供されます。

このページの先頭へ